方針・計画

会長テーマ方針計画

会長 田村勝彦
会長:田村勝彦
会長テーマ「次の50年に向けた新たなチャレンジを!」
方針

当東京福生ロータリークラブは1968年11月に創立し、翌年1969年の承認式を経て、本年度で50周年を迎えます。この記念すべきターニングポイントとなる本年度に於いて、我々東京福生ロータリークラブ(ロータリアン)が「考えるべき事」そして「行なうべき事」の指針となればと願いを込めテーマ設定を致しました。

今日、我々を取り巻く政治経済および社会環境は、地政学的リスクや人口問題そしてテクノロジーの進化により我が国はもとよりグローバル規模で急激な変化を遂げております。

このような現状の中、我々、東京福生ロータリークラブ(ロータリアン)に於きましても節目となる本年度に、先達が脈々と築いてこられた50年(パスト半世紀)の歴史を改めて振り返り感謝すると共に次の50年(ネクスト半世紀)に思いを寄せる「温故知新」と守るべきは守り、変えるべきは革新的に変える「不易流行」に考えを巡らし、「我々は何をしたか」という量や数を問うアウトプット型の価値基準に加え「我々は何(誰)のためになったか」という質を中心としたエフェシエンシー型の価値基準を創造していくことが次の50年に向けた課題となると考えております。そして、50年後も地域社会に数多ある奉仕団体の中で唯一無二の存在として必要とされる東京福生ロータリークラブでありたいと考えております。是非、一緒に取り組んで参りましょう。

計画(重点目標)
  1. エフェシエンシー(効率性、充実感)の追求
    有限である資源(時間、人員、予算、機会)を極力、ムラ・ムリ・ムダなく効果的に配分し、皆が楽しく参加でき、ためになる奉仕及び親睦活動を行なう
  2. ダイバーシティ(多様性)の推進
    少子高齢化対策として政府が推進している働き方変革同様、クラブ活動に於いても今まで以上にバラエティある活動を創造し、許容し合う。各々が各々の強みをいかし、弱みを補う活動。具体的には奉仕のための手段である「親睦」の形態を公式と非公式を分離し、非公式を体系化し広く大勢に募る等。
  3. サステイナビリティ(持続可能性)の確保
    50年前の東京オリンピックが日本の成長を加速させるため多少のリバウンドは容認された上で行われた大規模イベントであったのに対し、2020年に行われる東京オリンピックは異なる情勢下、日本の持続性を確保するコンパクトなイベントとなると想定されております。所謂、ポストオリンピックの不況リスクを事前に回避する事か熟慮される成熟型の大会となる。当東京福生ロータリークラブに於いても周年年度である本年度の1つのリスクは「燃え尽き(バーンアウト)」であると捉え、本年度が終了した後(ポスト50th)も持続的にクラ ブ活動が行われることを念頭に取り組みを進化させる。

クラブ奉仕委員会(会員研修)

大山剛
委員長:大山剛
副委員長:武藤寿信
方針
  • 節目の50周年から、次の50周年への土台作りとして有限な資源である時間を大切に扱う。
  • やらないこととやるべきことの優先順位を見極め、効率的な運営を目指し、参加そのものに意義を 見出すことのできる奉仕活動、親睦活動を行う。
計画
  1. 50周年記念式典の開催。
  2. 運営の効率化を計る。
  3. 親睦の多様性の推進。

出席委員会

宮﨑慶男
委員長:宮﨑慶男
副委員長:石田敏
方針

出席率の向上に努める。

計画
  1. メークアップの情報を発信する。
  2. 出席率の状況を注視しフォローに活用する。

親睦委員会

武藤寿信
委員長:武藤寿信
副委員長:木下邦彦
副委員長:岡田丈尋
方針

ロータリーの基本である親睦を毎週の例会を通じて感じてもらえるように工夫し、年齢の違いを互いに理解尊重し会えるよう活動する。

計画
  1. 会員同士親睦を深める楽しい親睦事業の実施。
  2. 50周年に相応しい親睦事業の開催。

会報・HP委員会(雑誌・広報)

窪嶋貴
委員長:窪嶋貴
副委員長:佐々木美之
方針

Webを活用した情報発信を充実させ、ロータリークラブの活動を内外に周知できるようにする。

計画
  1. 例会毎の会報の確実な発行。
  2. 会報のWeb配信への移行推進。
  3. 委員会全員で協力し委員会活動を実行する。

会員増強委員会(職業分類・会員選考)

山本仁志
委員長:山本仁志
副委員長:岡田丈尋
方針

「50周年に50人」を目標に、次の50年に向けた新たなチャレンジを共に実践する会員の増強に努めます。

計画
  1. 拡大の機会となる事業を推進し実施する。
  2. 会員全員と情報を共有するためのリストを作成する。
  3. 他の委員会と連携し、新入会員歓迎会(研修会)を実施する。

プログラム委員会

冨田勝也
委員長:冨田勝也
副委員長:乙部正幸
方針

会長の指針に沿った魅力ある構成。
次の50周年に向けて歴史を振り返り、未来を見つめ、時代にスピーディーに対応。

計画
  1. 記念事業に関連する卓話。
  2. 次世代のロータリークラブを考える。
  3. 地域社会で活躍されている経済、文化人会員卓話を更に進化させたい。

SAA委員会

高橋美穂
委員長:高橋美穂
副委員長:加藤勇
方針

会員、来賓、ゲストにとって例会が有意義な心地よい場所になるよう会場準備、設営、円滑な進行を行う。

計画
  1. 食事数と参加人数が一致するよう出席委員会と連携を図る。
  2. ニコニコへの募金・希望の風奨学金への募金を働きかける。
  3. 会員間の親睦・交流が図れるよう定期的に座席の配置を変える。
  4. 親睦員会と連携を図り楽しく親睦が深まる例会運営を行う。

職業奉仕委員会

貝塚義博
委員長:貝塚義博
副委員長:岸野寛
方針

会長方針に従い50周年という節目により高度に職業奉仕理念を理解することに努めたい。

計画
  1. 地区主催の職業奉仕委員会・地区研修会に多くの会員に参加して頂く。
  2. 地区の情報を会員に伝える。
  3. 職業奉仕月間に職業奉仕関連の卓話を行う。
  4. より高度な理念の解釈と継続的な議論を行う。

社会奉仕委員会(環境保全)

佐藤和義
委員長:佐藤和義
副委員長:窪嶋貴
方針

地域に密着した社会奉仕を行います。またロータリアンにとって学びの機会になることを実践します。奉仕のトレードオンは難しいと言われておりますが、先人が当クラブの歴史の中で培ってきた時間・労力による奉仕(社会奉仕)を浄財による奉仕(寄付・寄贈)にしっかりと繋げ、地域社会における東京福生ロータリークラブの役割や立場を特定していきます。さらに会長方針にある次の50年に向けた新たなチャレンジを会員一同実践行動してまいります。50年後という未来の私たちから評価される委員会運営を目指す。

計画
  1. 近隣市町において希望の風ビールの販売(利益は希望の風奨学金へ寄付)。
  2. 近隣市町各催し物にて食べ物販売(利益は地域社会へ寄付、寄贈の対象)。
  3. 16号線沿いと赤線地域の清掃活動、また車などからのポイ捨て禁止等の看板設置等の検討。
  4. 地域諸団体と奉仕活動による交流。
  5. 継続的事業を模索する。

国際奉仕委員会(世界社会奉仕)

木村敦史
委員長:木村敦史
副委員長:齋藤文人
方針

地区の奉仕の方針に従った上で、50周年を迎える当クラブとしてこれからの50年に向けて国際理解、親善、平和について出来る事、関われる事を検討したい。例えば、新たな姉妹クラブ(先ずは、友好クラブからのスタート)の締結。

計画
  1. 7月に台湾の姉妹クラブ「鳳山RC」が来日に合わせて、日本の伝統、文化に触れて更に日本との交流が深まる様に努める。
  2. 50周年式典に向けての国際協力を企画検討する。
  3. バギオ基金の卓話を依頼し、3世代、4世代となりバギオの意味が薄れてきている中、基金のあり方を卓話をしてもらう。

米山奨学委員会

加羽澤光輝
委員長:加羽澤光輝
副委員長:秋山充典
方針

米山奨学の目的を会員とともに理解する。

計画
  1. 地区役員や米山学友に卓話をお願いし奨学金の理解を深める。

ロータリー財団委員会

木村敦史
委員長:木村敦史
副委員長:橋本恵治
方針

ロータリー活動に欠かせない活動資金の意味、目的、どのように使われているかについてクラブ会員への理解を深める。

計画
  1. 地区ロータリー財団の委員へ卓話を依頼。
  2. 地区補助金、グローバル補助金の活用を次年度、次次年度に向けて検討。

青少年奉仕委員会(青少年育成・交換)

大山剛
委員長:大山剛
副委員長:入江誠一
方針

今年度は2580地区において初のRYLAが沖縄で開催される予定である。地域の若手社会人や学生に、このRYLAプログラムへの参加を促し、将来の良き指導者としての資質向上に貢献する。

計画
  1. 地区青少年奉仕委員会の方針に従い、青少年資質向上に関することに率先して協力をする。
  2. 2580地区で初の開催となる沖縄RYLA研修への参加を促す。

会計委員会

橋本恵治
委員長:橋本恵治
副委員長:杉本直
方針

継続性を重視し、会計手続きの証拠書類を含め収支の確認を期する。

計画
  1. 事務局の協力を得て、逐次予算の執行状況を理事会に報告する。
  2. 会計監査委員会の協力を得て、前期・後期2回の監査を実施する。

会計監査委員会

松本信弘
委員長:松本信弘
副委員長:斎藤富美男
方針

証拠書類を含め収支の正確を期します。

計画
  1. 前期、後期に監査を実施します。(年2回)
  2. 予算収支、決算、未収、未払、積立金等の正確な監査を行う。