会長挨拶

東京福生ロータリークラブ会長 山本仁志
2017〜2018年度
東京福生ロータリークラブ

会長 山本仁志

会長テーマ 「結束を高めよう」

方針

今年度RIイアン H.S. ライズリー会長が掲げるテーマは「ロータリー:変化をもたらす」とし、ロータリーが成長・存続し、地域社会に、国に、そして世界に「変化をもたらす」ことが出来ると信じることが重要とされています。
今年度当クラブでは、これまでの歴史を顧みて先輩方の想いをしっかりと継承しながら、国際ロータリー・地区との連携を図り、時代に応じた変化に対応して成長・存続していくこと、そしてクラブ独自の奉仕活動を通じて、会員や地域の皆様とともに感動を共有し、地域に変化をもたらすことが出来るような1年でありたいと考えております。
今年度の様々な活動を通して、会員相互が結束を高め、より一層輝き続けるロータリークラブを目指し1年間邁進して参りますので、会員皆様のご協力をよろしくお願い申し上げます。

計画(重点目標)
  1. 出来ることは会員全員で協力して行動する事を基本とし、昨年同様、活発な各委員会活動を推進することにより、質の高い研修の機会や会員相互の親睦の機会をつくり、会員個々の資質を高めると同時に出席率の向上に繋げ、クラブ活動の充実を図ります。
  2. 今年度は地区補助金事業(支援物品寄贈プロジェクト)の遂行・確認・報告を中心に、様々なクラブ独自の奉仕活動の実施時において、高い目的意識を持ち、個々の会員の能力・知識を最大限に活かして活動に参加することにより、地域との調和・ロータリークラブの認知度向上を図ります。
  3. 当クラブは2018-2019年度に50周年を迎えます。今年度は当クラブの特徴を前面に打ち出し、充実した50周年を迎えるため、会員全員で増強を図ります。